不動産投資を始める目的は?

  投資を始める目的には様々なものがありますが、多くの方は詰まる所
“お金の苦労と不安から解放された人生”=“ファイナンシャルフリー”を得る為となるでしょう。
 投資の最終目的ははっきりしています。
しかし人生には様々な金銭的課題もあり、最終目的よりも前に解消しておきたいことも十人十色にある筈です。

  不動産投資であれば、その様々な金銭的課題を解決させながら最終目的を達成することも可能です。
けれども、その為には投資する物件を選択する前に、課題を踏まえたより具体的な目的を定めておかなければなりません。
  なぜなら、誰の為に始めるのか?何の為に始めるのか?によって投資すべき物件や買い方は大きく変わるからです。
例えば・・・

妻が働きに出なくても家賃収入が得られる。

更に団体信用生命保険に加入していればアパートは無借金化、毎月定期的に家賃収入が家計に入る。

アパートを売却すれば現金化も可能。

親もしくは夫としての支援により家族名義で不動産経営。自身の資産を減らすこと無く家族の資産形成が図れる。

定期的な家賃収入により経済的な安定が図れる。

定期的な家賃収入により預金を取り崩す必要が無くなる

これらの課題なら選択する物件や買い方により、解消は可能かもしれません。
最優先で解消したい課題があれば具体的な目的として物件を選択して行く際に考慮しておきたいところです。

現役時代と変わらぬ生活レベルの維持が可能。

老後においても貯蓄や再投資をする余裕がある。

このことにより・・・ 年1回の海外旅行や年3回の国内旅行、若しくは趣味への投資、・・・。
が定年後にも続けられます。
また、家族全員が“我が家”に集まる楽しく豊かな老後を夫婦揃って送ることもできることでしょう。